所得税などの給与から天引するもの


会社を設立して、役員報酬や給与を支払う時に、税金の天引きをしないで給与をもらった側で税金を収めるようにすることは可能ですかと問い合わせがありました。


結論は、会社が従業員に代わって、所得税を天引きして国に収めなければいけない義務があります。
源泉徴収義務者と言われています。
もし天引きしないでいると、会社は税金を天引きしなかったことで、不納付換算税や延滞税などのペナルティを受ける可能性があります。
ただし、住民税については会社側で天引きしないで、給与を受け取っている側で自分で納付することも可能です。
給与所得者側も、所得税を会社で天引きされるのを拒むことはできません。

_____________________
【編集後記】
今日は新規のお客様と面談、午後は決算業務でした。
【昨日の1日1新】
埼玉県行田市 らー麺Chop
_____________________