2019-11

税金

サラリーマンの副業と税金

会社にバレないように副業をしたいとうい話をよく聞きます。 バレる原因は税金が関係しています。 稼いだり儲けがあれば税金を納める必要がありますが、国に納めるにが所得税、市区町村に納めるのが住民税です。 バルる原因となる税金は住民税です。...
フリーランスの税金経理

個人事業主の節税策 小規模企業共済

政府系の個人事業主向けの退職金制度に「小規模企業共済」という積立型年金のようなものがあります。 政府系なので税制上もメリットがあり節税策になります。 所得税と住民税を節税しながら将来の退職金として貯金もできます。 毎月掛金...
税金

出張時の日当導入による節税

出張時の日当については、税務上のメリットがあります。 日当とは出張時の実費精算であり、交通費や宿泊費以外の少額諸経費に対する手当です。 会社側から出張日当を払うと、旅費交通費として経費にできます。 いっぽう受け取る側でも非課税になるの...
消費税

消費税の免税事業者判定

会社を設立を考えたときに、2年間は消費税の免税事業者になれることを設立時のメリットと考えることもあります。 ただし、注意点もいくつかあります。 注意したいのは、免税事業者の期間は、2年間ではなく2期間になります。 最長で2年間...
税金

【医療費控除】こどもの矯正歯科治療

歯の治療について、医療費控除の対象となるものは基本的に治療が目的のものになります。 よって、歯を白くしてキレイに見せたり、歯並びの矯正などは医療費控除の対象になりません。 ただし、こどもの矯正歯科治療については、成長を阻害しないよう...
税金

相続税がかかる基準

土地などを相続しているのに相続登記していないという話をよく聞きます。 理由は、相続登記をすると相続税が発生するからそのままにしていると言う方がいます。 相続税がかかるかの基準は、基本的には基礎控除といわれる金額を超えるか超えない...
税金

【医療費控除】保険の給付があった場合

確定申告では、一年間に支払った医療費について、所得から差し引ける医療費控除があります。 医療費控除は、支払った医療費から保険の給付分を差し引いて、10万円を超える部分が医療費控除となって、確定申告により税金が安くなります。 保険の給...
フリーランスの税金経理

面倒な帳簿つけのちょっとしたコツ

帳簿つけをしないと落ち着かない状況にできればいいのですが、領収書など溜めてしまったりしがちです。 帳簿をつけていないことが気になっているが、片付けられていないことにストレスを感じることもあります。 ストレスを感じると本業に少なからず...
独立開業

【会社設立】株式会社か合同会社か

会社設立時に、会社の形態として株式会社か合同会社にするか決める必要があります。 それぞれメリットとデメリットはありますが、税金の計算方法や、会計処理は違いが有りません。 合同会社の設立件数が多くなっていますが、それでも知らな...
税金

雑収入があった場合の経理方法

本業以外の収入があった場合は、雑収入という勘定科目で処理します。 本業については売上高で処理しますが、本業以外で事業に付随して発生した収入は雑収入で処理します。 取引相手からのリベートや、補助金、自動販売機の収入、スクラップや作業く...