2018-11

消費税

消費税の経理処理方法

消費税の処理方法は、①税込経理方式と言って、消費税を課税売上と課税仕入に含めて処理する方法と(10,000万円のも売ったら売上10,800円と処理)、②税抜経理方式と言って消費税を課税売上高と課税仕入高に含めない方法(10,000万円のも売...
節税

退職金にかかる税金(もらう側払う側)

退職金は、長年の勤労に対する報償的給与として一時に支払われるものであることなどから、 税制上、退職所得控除を設けたり、他の所得と分離して課税されるなど、税負担が軽くなるよう配慮されています。 ※浦和駅前 所得税法上(もらう側)...
節税

廃棄処分にお金のかかる固定資産(有姿除却)

税理士がお客様である顧問先を訪問する場合は、事務所へ伺うことがほとんどで、 工場や倉庫などに足を運ぶ機会がなかなかありません。 固定資産などについても、固定資産台帳に載っている物件を現物を見ることなく会計処理していることもよくありま...
税金

事業年度(決算日)の決め方、有利な選択肢とは

法人は、事業年度を自由に決めることができます。 (個人事業者の場合、事業年度は暦年(1/1~12/31)と決まっています) 法人設立時に事業年度を定款に記載して決定しますが、変更が必要になった場合には定款変更を行うことで、事業年度を変更する...
税金

月次の決算に時間がかかる場合

月次での決算数値が確定するまで時間がかかり、なかなか早期化できないと相談受けるケースがあります。 あまり試算表など外部から求めれれない会社では、月次はなんとなく数値をまとめて、本決算で頑張るといったことも多いと思います。 ただし、融...
税金

事前確定届出給与を1円も払わなかった場合

社長など役員に支給するものとして、税法では毎月同額を支払う「定期同額給与」や「業績連動給与」がありますが、その他事前のボーナスの額を決めて支給するおくものとして「事前確定届出給与」があります。 いずれも、利益調整にならないように、毎月...
消費税

免税事業者が固定資産を取得するときに注意しておく点(消費税還付)

免税事業者の方が固定資産の取得や改修をするときに、お客様から消費税の還付についての問い合わせがよくあります。 消費税の免税所業者であれば、消費税の還付を受けられないので、還付の要件である課税事業者になるために届け出を出すことになります。 ...
普段の学び

御神体の山「三輪山」登拝

奈良県にある日本最古の神社と言われる大神神社(おおみわじんじゃ)の参拝と三輪山に登拝してきました。 大阪出張の次の日は、土曜で一日オフになり、大阪に行った際は三輪に行ってみたいと思っていました。 何かに本で、思索にふけるなら奈良...
税金

税金の納付方法とペナルティ(延滞税 加算税など)

税金の納付期限まで払わないと利息が付いたり、いろいろペナルティが課せられます。 延滞税 延滞税が課される場合は以下の三点になります。 ①期限内申告による税額を法定納期限(延納・物納許可の取消しがあった場合はその書類の発信日)ま...
税金

税法上の貸倒損失計上

貸倒損失は、販売代金などの金銭債権などが取り立て出来なくなった場合で、税法の貸倒損失は「一定の事実」の種類により以下の三つに区分され、金銭債権などの全部または 一部の金額が貸倒損失として経費に計上することができます。 ①...