2019-02

節税

確定申告 経費に認められるもの

確定申告の時に、経費で落ちるかという質問をよく受けます。 それは事業に関係するものですか?と聞いてみるとハッキリしない回答の時もあります。 基本的にはハッキリできないものは、保守的に行くなら経費に落とさない方がよいですが、その前...
節税

確定申告 医療費が10万円以下の場合でも

確定申告で、医療費が10万円以下の場合でも「医療費控除」が受けられる場合があります。 所得金額が200万円未満なら医療費が10万円以下でも「医療費控除」が受けられます。 所得金額とは 所得金額と収入金額は違っていて、所得金額は以下の算...
税金

年末調整 確定申告が誤っていた場合

年末調整では書類に配偶者や扶養親族の収入状況を伝えるため「所得の見積額」を書く箇所があります。 ただし、年末調整の書類は11月末頃会社に提出するので、その年の1月1日から12月31日までの情報について12月分は見込みや見積もり額を記載する...
税金

確定申告(医療に関連する経費)

確定申告時に医療や健康に関する経費についても、誤った認識で経費にしてしまっていたり、正しいい手続きをしていないことが多いです。 健康予防など 個人事業主の方で、人間ドッグなど精密検査は経費に出来るかどうかという問い合わせが多いです。 ...
税金

確定申告(家に関連する経費)

確定申告時に家に関する経費について、誤った認識で経費にしてしまっていたり、経費になることが分からないで経費にしていなかったりすることがあります。 ※新幹線の車窓から 実家で仕事をしている時の家賃 フリーランスで実家で仕事を...
税金

所得税の税率(超過累進税率)

確定申告で関係してくる税金としては、所得税、住民税、事業税、消費税がありますが、 個人の所得税について、少し誤解されているケースがあります。 所得税の税率は、所得の額によって幅が5%~45%に定められいますが、ある一定の基準を超える...
税金

確定申告の納税手続き(納付期限まで納付が難しい場合)

平成30年分確定申告について、税金の納付期限は所得税及び復興特別所得税は2019年3月15日となっています。 税金の納付方法は、①インターネットバンキング、②振替納税、③クレジットカード納付、④現金納付があります。 3月15日ギリギ...
税金

確定申告無料相談会 メモ

確定申告の時期になりました。 各所、税務署や役所、税理士会など無料の相談窓口が数多くあるので気楽に利用してみましょう。 個別相談で申告書の記入までという場合でなければ相談してみるのも良いでしょう。 また、税務署では節税などのアドバイス...
税金

個人事業主が納める事業税

会社員から独立して個人事業主となった方などがあまり聞いたことがないという税金の一つに事業税があります。 これって何の税金でしたかと問い合わせもたまにあります。 これは道府県が課税する地方税です。 課税所得から290万円を控除した後...
消費税

消費税の捉え方 納税の準備など

納税義務者である事業者の方から、消費税を納税するのが大変だという声をよく聞きます。 税率も8%から10%になるのでさらに大変さは増すと感じるでしょう。 消費税は、一般の消費者が買い物をした際に支払った消費税について、その消費税を預かった...