法人の銀行口座開設が断られないようにする準備


最近よく耳にするようになったのが、会社を設立して、法人の銀行口座を開設しようとしたら断られることがあることです。
売上の入金を受けるために口座を準備しようとしたら、断られてショックを受けることがあります。
今まで交通違反からクレジットカードの支払遅延など一切無い方でも、口座開設を断られて驚かれた方もいます。

断られる原因としては①反社会勢力に使われる可能性がある、②銀行にとって利益を生まない、と考えられます。
断られた原因は、銀行に聞いても教えてくれませんが、おおよその理由は①の反社会勢力のことに関係していると思われます。
銀行組織の特性として減点主義があるので、万が一決裁した口座が悪用された場合には、だれが決裁したのか、内容は適切だったのか内部で追求があるはずです。
銀行はできるだけリスクを負いたくないので、悪用の可能性を排除できない場合は口座開設は断ると思われます。

所在地と事業目的

場所と事業目的に問題がないかがポイントです。
口座開設するときには「当店でお付き合いはございますか」など個人としての付き合いをきかれることがあります。
最寄りではない銀行へ口座開設へ行った場合は、特に警戒されます。(同一市内であっても)
できるだけ最寄りのお店で、個人などで昔から付き合いがある銀行で口座開設するようにしましょう。
法人の場所については、表札や看板が出ているかなども窓口できかれることがあります。
つまり、ペーパーカンパニーではないか確認されます。
バーチャルオフィスなどは厳しい対応をされることがあります。
また、事業の目的について、定款作成時には事業目的を多めに記入しておくことがありますが(定款書き換えに費用が発生するため)会社が何を行っているのか説明できないと、銀行の内部でも説明できないので、門前払いされることもあります。

実態があることを証明

会社の取引実態があることをアピールするようにしましょう。

すでに締結した売買契約書など事業に関わる書類など準備することで、ペーパーカンパニーではないことを説明できます。
ホームページも判断材料になります。

誤解を生まないように注意

ホームページや、契約書に記載している取引先に誤解を生むような会社がないかも注意しましょう。

最寄りではないが、仕事で便利な場所で口座開設する場合なども、納得できるような説明を考えておきましょう。

その他、銀行が行っているキャンペーンを窓口で進められたら協力する姿勢も多少ポイントになると思います。

メガバンクよりは、市域密着型の信用金庫などにいってみるのもよいでしょう。

_____________________
【編集後記】
午前中は仕事で外出、午後は会社設立業務打合せやビデオチャットなど。
夕方にはランニングしてきました。(今日も涼しく近所ではランナーが多かったです)
【昨日の1日1新】
つけめんTETSU埼玉特別版
_____________________