税金

従業員の昼食代

従業員の方の昼食代を支払った場合の経費認定について、事業に関連があって領収書があれば経費と認められると思われますが、注意点があります。 従業員の昼食代を支払った場合に経費することは可能ですが、従業員への給与という形で経費になり...
フリーランスの税金経理

小規模企業共済の年末加入

個人事業主や小規模法人の役員などが退職に備える共済制度があります。 掛金に応じて共済金を受取りますが、掛金が所得税を計算するときに控除されるので、 節税のメリットがあります。 控除が認められているものに「小規模企業共済」があります...
税金

相続による事業引き継ぎと税務手続き

事業を行っていた方が年度の途中で亡くなった場合は、4カ月以内に確定申告を行う必要があります。 準確定申告と言われるもので、亡くなった方は申告できないので相続人が代わりに申告を行います。 このとき、事業を引き継いだ方は、新たに開業届を...
相続・相続税

相続税の節税について

相続税の節税策はと聞かれると「小規模宅地等の特例」、「配偶者の税額軽減」の2つが先ず挙げられます。 「小規模宅地等の特例」は自宅の土地について、配偶者か同居していた親族がその土地を相続したときに、相続税の計算をするときの土地の評価が8...
税金

支払調書は提出

税務署から届いた年末調整の封筒に中には、支払調書と書かれた書類も入っています。 支払調書は法律で提出することが義務付けられています。   給与所得等の源泉徴収票は見覚えがあると思いますが、支払調書については馴染みが薄い書類に思われます...
相続・相続税

贈与税の特例 相続時精算課税制度

相続時精算課税制度は贈与税の特例制度です。 相続になったときに相続税がかからない人は生前にまとまった額を子や孫に非課税で贈与できます。 非課税枠は生涯で累計2,500万円まで、超える部分は一律20%になっています。 お得なよう...
税金

サラリーマンの副業と税金

会社にバレないように副業をしたいとうい話をよく聞きます。 バレる原因は税金が関係しています。 稼いだり儲けがあれば税金を納める必要がありますが、国に納めるにが所得税、市区町村に納めるのが住民税です。 バルる原因となる税金は住民税です。...
フリーランスの税金経理

個人事業主の節税策 小規模企業共済

政府系の個人事業主向けの退職金制度に「小規模企業共済」という積立型年金のようなものがあります。 政府系なので税制上もメリットがあり節税策になります。 所得税と住民税を節税しながら将来の退職金として貯金もできます。 毎月掛金...
税金

出張時の日当導入による節税

出張時の日当については、税務上のメリットがあります。 日当とは出張時の実費精算であり、交通費や宿泊費以外の少額諸経費に対する手当です。 会社側から出張日当を払うと、旅費交通費として経費にできます。 いっぽう受け取る側でも非課税になるの...
消費税

消費税の免税事業者判定

会社を設立を考えたときに、2年間は消費税の免税事業者になれることを設立時のメリットと考えることもあります。 ただし、注意点もいくつかあります。 注意したいのは、免税事業者の期間は、2年間ではなく2期間になります。 最長で2年間...