個人事業主の節税策 小規模企業共済

Pocket

政府系の個人事業主向けの退職金制度に「小規模企業共済」という積立型年金のようなものがあります。
政府系なので税制上もメリットがあり節税策になります。
所得税と住民税を節税しながら将来の退職金として貯金もできます。

毎月掛金(1,000円〜70,000円)を積立て、掛金は所得税を計算するときに控除されます。
年払いや前払いも可能です。

制度を利用できるのは、個人事業主と中小企業の役員です。
サラリーマンは利用できません。
副業等で不動産をしている方もいますが、事業規模でないと制度を利用できません。
受取時には税制上の優遇措置があります。
一時金として受け取る場合は退職所得控除が、年金で受け取る場合は公的年金等控除が使えます。
積立金の運用益も非課税です。
解約することもできますが、積立期間が短期だと元本割れの恐れがあります。
掛金を支払うにはキャッシュが必要になりますので、資金繰りを考慮する必要がありますが、余裕があれば積極的に活用することをオススメします。
また、お金を借りられるというメリットがあります。
税負担が少なく資金の余裕がない方は、税制上の優遇も少ないので無理に制度を利用しないで、手元のキャシュを大切にしましょう。

_____________________
【編集後記】
今日はお客様の所へ訪問でした。
【昨日の1日1新】
Amazonレビュー
_____________________