レシートか領収書か


レシートと領収書の違いは、レシートは支払った内容が明確に表示されてます。いっぽう、領収書は宛名とハンコと金額のみであったり、お品代と書かれていて具体的な内容がわからないものが多いです。


経費の証拠能力はどちらにもあり、基本的には同じものと考えられます。
レシートの方が何を買ったのかが具体的にわかるので、買ったものが事業に関係があるのか確かめやすいです。
コンビニなどでも領収書をもらっている人を見かけますが、コンビニなどでは何を買ったのか予測がつきません。
宛名を書いてもらったほうが誰が支払ったかの信憑性は確かにあります。
レシートの場合は、誰が払ったか宛名がないので、信用できないこともあるのかもしれません。
大きな会社では、内部統制の関係でハンコを重要視します。
外部の第三者のハンコをが押されていると不正が発生する可能性は低いと判断されます。
ただし、宛名がない領収書をもらったり、領収書自体が手書きで書かれていることが多いために、不正が発生する余地もあります。
会社としてルールがないのであれば、何を買ったか具体的にわかるレシートの方が経費性を説明しやすいです。
_____________________
【編集後記】
午前中は税務署へ、午後からはお客様と打ち合わせでした。
【昨日の11新】
スイートポテトゴールドフラペチーノ
_____________________