支店を新たに作ったときの税金


支店を新たに作ったときは、その支店の所在地によって税金が発生します。


均等割という売上や利益に関係なく、赤字でもかかる税金があります。
税額は、資本金等の金額や従業員数であらかじめ決められています。
均等割の支払先は、本店や支店のあるそれぞれの都道府県と地区町村に支払います。
本店がある等道府県や市区町村以外で新たに支店を作った場合は、それぞれで均等割を納める必要があります。
従業員数でも均等割の金額がわかりますので、人数の管理も必要です。
従業員の源泉所得税なども支払事務を支店で取り扱っている場合は。
支店所在地の管轄税務署で源泉した所得税の納付をする必要があります。
_____________________
【編集後記】
今日も昨日からのスポット案件で、一日事務所仕事でした。
【昨日の1日1新】
KALDIオリジナル スイートポテトケーキ
_____________________