節税

節税

特別償却と税額控除の選択(中小企業投資促進税制)

中小企業投資促進税制では、機械などの設備を取得や製作した場合に、取得価額の30%の特別償却又は7%の税額控除が選択適用できるものです。(税額控除は、資本金3,000万円以下法人が対象) 特別償却は課...
節税

出張の日当による節税

出張による日当は、会社の経費にすることができます。 また、受け取る側でも日当は給与ではなく、非課税所得となり、社会保険料の負担も増加しません。 消費税についても日当はメリットがあります。 出張の手当や日当による節税 日当の目...
節税

不動産管理会社を設立して節税になる場合

個人で大家さんとして不動産をいくつか所有して収入を得てる場合に、管理会社を設立すると節税にになる話を聞くことがあります。 実際に相談を受けることも多いです。 結論としては、ボリュームがないとあまり節税効果が生まれません。 売上であ...
節税

節税することでお金が出っていってしまうこと

法人の決算が近づくと、なにか経費を使ったりして節税を考えることが多いです。 事業年度の初めには、利益をたくさん出すぞと意気込みを持って臨んだのに、決算になると税金を払うのがもったいないと感じる方もいます。 最近では、節税商品の代表例であ...
節税

取得費が不明のとき 譲渡所得の計算について

個人が不動産を売るときに、課税される譲渡所得については、譲渡価額から取得費など差し引くことになりますが、契約書など無くしてしまって正確な取得費がわからないケースがあります。 課税譲渡所得金額といって、税率がかけられる金額の算定は、譲渡...
節税

経営セーフティ共済に加入して連鎖倒産防止と節税

倒産防止共済とも言われていますが、経営セーフティ共済と言って、取引先の倒産の影響を受けて、中小企業が連鎖倒産しないようにする制度があります。 この制度を利用すると、もし取引先が倒産し、販売代金などが回収できない状態になった場合に、無担...
節税

印紙税を節約(紙からPDFに)

印紙税は文書課税なので、課税文書を紙ではなくPDFなどの電子媒体で作成することで、印紙税を節税することができます。 建設業など、請求書と請求請書を作成して、元請けと下請けそれぞれ書類を作るなど、業種によっては印紙を大量に必要とするとこ...
節税

【節税と融資】過度な節税と売上推移

売上規模に対して利益が少ないのではと、融資を受けている銀行から指摘されることがあります。 赤字ではないので問題ないのではと思っていても、銀行はその会社の本当の実力を見極めようとしています。 実力がある会社(キャッシュを生み出す力が大きい...
節税

法人税の節税効果は?(全損保険)

2018年12月に金融庁が見直し要求していた全損保険(節税保険)がありますが、2019年2月に国税庁が通達見直しを各保険会社に通知したことで、各保険会社は全損保険(節税保険)の販売を停止することになりました。 全損というのは、支払った金額...
節税

確定申告 医療費が10万円以下の場合でも

確定申告で、医療費が10万円以下の場合でも「医療費控除」が受けられる場合があります。 所得金額が200万円未満なら医療費が10万円以下でも「医療費控除」が受けられます。 所得金額とは 所得金額と収入金額は違っていて、所得金額は以下の算...