フリーランスの税金経理

フリーランスの税金経理

フリーランスの経費

会社員の人から見ると、個人事業主は何でも領収書をもらって経費にできて良いなと思われがちですが、何でも経費にして税金が安くなるわけではありません。 経費になる大前提は、①事業に関係がある支出であること②支出の内容を客観的に証明できる資料...
フリーランスの税金経理

フリーランスの福利厚生費

フリーランスの方から、スポーツクラブの会費やマッサージチェアを福利厚生費として経費に落とせないか質問を受けることがありますが、結論から言うと基本的に一人フリーランスで事業を行っている方には福利厚生費を計上することは難しいです。 福利厚...
フリーランスの税金経理

事業所得か雑所得か

所得を得た時に、所得税法上では所得の種類を事業所得や給与所得など10種類に区別して税金の計算をします。 10種類の区分のなかには、雑所得と言われる区分があり、他の9種類に当てはまらない所得を雑所得として税金を計算します。 事業所...
フリーランスの税金経理

転職したときの年末調整

転職した場合は、転職先で年末調整を行いますので、自分で何か税金に関する手続きをする必要は基本的にありません。(12月で無職の場合は確定申告します) 副業や株の売買、医療費が10万円を超えた場合、災害にあった場合、寄付した場合などは確定...
フリーランスの税金経理

青色申告特別控除の控除額

青色申告をしていると、税率をかける所得の金額から、最高65万円が受けられます。 (簿記で記帳して、貸借対照表などを添付することが要件です) 2020年分については、控除額55万円に変更となり10万円減額となります。 ただし、基礎控...
フリーランスの税金経理

一人だけでも給与を支払うと源泉徴収

一人でも従業員として給与を支払うことになれば、所得税を給与から源泉徴収(天引)する義務が発生します。 原則として給与を支払った月の翌月10日を期限に給与から源泉徴収した所得税を国に納付しなければいけません。 特例として、半年分をまと...
フリーランスの税金経理

専従者給与のデメリット

専従者給与のメリットとしては、家族に給料を払って経費にすることで節税につながることが挙げられます。 また、給料には給与所得控除があって給与から所得控除が差し引かれた所得に税率をかけるので、ここでも節税の効果があります。 ただし、メリ...
フリーランスの税金経理

自宅兼事務所と住宅ローン控除

住宅ローン控除については、住宅ローン等の年末残高に対して1%の控除が所得税法上認められています。 最高額は40万円で、控除期間は10年間です。 10年間で毎年40万円の控除を受けられると大きな税制上のメリットになります。 フリーラ...
フリーランスの税金経理

過去に提出した確定申告の控えをなくした場合

過去に提出した確定申告控えをなくしてしまい、どんな内容だったか分からなくなってしまった場合は、税務署で保管してある申告書等を閲覧できるサービスがあります。 この閲覧サービスについては、2019年9月1日より写真撮影を希望する場...
フリーランスの税金経理

青色専従者給与の要件について

個人事業主が使える青色申告制度のメリットの一つに青色専従者給与の必要経費算入があります。 注意点としては、青色専従者に給与を支払って経費にしたい場合は、あらかじめ「青色専従者給与に関する届出書」を確定申告するその年の3月15日までに税務署...