融資の相談は出来るだけ早めに


融資を考えたら早めに、タイムスケジュールを持っていつ何をしなければいけないかをイメージしながら進めましょう。

ゴールからの逆算

いつから営業開始するかしっかり見定めて、設備投資の期間はどれくらいか、
時間に余裕をもって行動できれば柔軟な対応ができることが多いです。
特に創業時などは、業務する立地や物件などもタイミングに左右されますので、資金のことで影響しないようにしたいです。
例えば、店舗を借りて、内装工事して、従業員を募集する場合などは、店舗を探しながら内装工事の見積もりを同時進行するなど、できるだけ資源の未稼働がないように気をつける必要があります。

逆算するときに、資金の希望額、融資実行日、設備用なのか運転資金なのか、返済期間など事業イメージと合わせて具体的に意識してみましょう。

困ってから融資の相談に行くと厳しい

創業融資なら、どのタイミングで資金がショートするから、こんな事業計画で始めたいですと説明することで比較的融資が受けやすいです。

創業融資でない場合で、資金不足となって初めて金融機関に融資の相談に行く場合は、お金を貸す側はかなり警戒してしまいますので、普段から会社の数字に向き合っておくことが大切です。

活用できる補助金や助成金がないか確認する

創業時や、色々な場面で補助金や助成金を利用できることがあります。

補助金や助成金は、返済する必要がありません。
主に経済産業省の補助金、厚生労働省の助成金や手当、各自治体の補助金や助成金があります。
それぞれ予算があるものも多く、普段からアンテナを張って情報を漏らさないようにしましょう。
また、補助金は原則後払いが多いので、補助金を見込んでの資金繰りをする場合は注意が必要です。

_________________
【編集後記】
今日は午前中から外出、午後は事務所に戻って決算準備でした。

【昨日の1日1新】
浦和 一瑳 濃厚鶏そば
________________