出国時にかかっている税金


2019年1月7日から、日本から出国するときに1,000円の出国税が課税されています。

航空券に1,000円を加算して徴収されています。
別途1,000円を支払っていないので、税金がかかっている感覚は少ないかもしれません。
日本以外では、オーストラリア、フランス、韓国など出国税を導入している国はいくつかあります。

出国税を徴収する目的は、外国人観光客の受け入れ体制などインフラ整備をするためと説明されています。

出国税の正式名称は「国際観光旅客税」です。
名前は観光とついていますが、ビジネスの場合でも徴収されます。
ただし、乗り継ぎなど24時間以内の滞在では課税されません。
経費になるかどうかですが、出国税は経費になります。
経理の勘定科目は、「租税公課」又は「旅費交通費」で処理します。
消費税はかかりません。

上記の目的のためと説明がありますが、徴収した税金の使用結果は気になります。
海外に行かない人は、出国税に関心がないと思いますが、年間約400億円の税収が見込まれていますので、あいまいな税金にならないように税金の徴収や使いみちは気にしておくことも必要と思います。

_____________________
【編集後記】
今日は、単発決算業務の対応など

【昨日の1日1新】
タリーズ淡路町店
_____________________