【銀行融資】メガバンク・信金・公庫それぞれの特色


取引している銀行については、種類や規模、立地などでそれぞえれの特色があります。
間違った思い込みがあると融資などの交渉事では不利になってしまいますので、一般的な特色をまとめてみました。
融資の交渉でいちばん大切なものは「決算書」ですが、そのほかの要素も影響することもあります。

メガバンク

メガバンクと言われる大手銀行に作ってある口座をメインの取引口座として使っていても、メインバンクであると言えません。
メインバンクとは、経営の資金面で会社に安定をもたらしてくれているかがポイントです。

資金面の安定については、取引銀行の中で融資残高が多く、付き合いも形式的でなく緊密な状態にあることが前提です。
つまり、一方的にこちらからメインバンクだと思っていても相手にされない可能性があります。
融資の傾向としては、決算書などに求められる精度が高く、分析も熟知しているので、一貫した説明が必要です。
積立預金など付き合いで協力していても、融資のときにはあまり評価されません。
資料(決算書)の完璧さが求められます。
中小企業でも多額の融資を受けている会社もあります。
特に海外と取引している会社は、為替手数料など融資のほかにある手数料収入などで全体的な収益があがるのか銀行は考えています。
よって、多額の融資を低い金利で受けている会社もあって少しうらやましく思うこともありますが、メガバンクは信金や公庫と違って、引き上げるのが早い傾向にあります。
メガバンクとだけ付き合っていると、業績悪化した場合の資金繰入リスクは大きいです。

信用金庫・信用組合

メガバンクと違って、信金などは地域に密着した活動をしています。
もしどこかの会社について、業績悪化の理由で融資引き上げるようなことをすると、その地域での評判や信用がなくなってしまいます。
業績が悪いときでも、なんとか支えてくれるるのが信用金庫や信用組合です。
積立など普段のお付き合いも融資のときには評価されます。
担当者や支店長との接触も多く、融資のときにも支店長との関係性なども考慮されます。
メガバンクをほ提出する資料は分析されませんが、補足できる資料などは積極的に提出して協力しましょう。
また、他県などから越境してきている支店などは、積極的に取引をしてくれるところが多いので、話す機会があれば関係を築いておきましょう。

政府系金融機関(日本政策金融公庫)

上記の民間の金融機関と政府系金融機関の一番の違いは、制度として貸せる人には積極的に融資する姿勢があるところです。
また、創業したばかりの起業家に対して、期待値で融資を積極的に行っているのも特徴です。
経営計画書によって将来の計画を重視してくれます。
ただし、民間の金融機関よりは、決まった枠内での融資になるので、融資額の上限があったり、利率の交渉はできません。
支店長などの関係性によって情に訴えかけることもほぼ不可能ですが、条件に当てはまれば、使いやすい金融機関です。
公庫で借りていることは、ほかの金融機関からも一定の評価はしてもらえます。
(一定の基準はクリアしていると)

以上のように、各金融期間の傾向を見ながら、普段の付き合い方を考えてみるとよいでしょう。

_____________________
【編集後記】
会社にはいろいろな方が営業に来ますが、銀行員が来たときは関係を築くチャンスなので断らないようにしておきましょう。(留守の場合も名刺をもらっておきましょう)
担当者によっては地域の役立つ情報を持っていたり、銀行のキャンペーンで融資が受けやすい場合もあるからです。

【昨日の1日1新】
アプリ PhotoScape X
_____________________