一軒家の家賃収入は65万円の青色特別控除の手続きは可能?


一軒家やマンションを自分が住まなくなった場合に、賃貸にして家賃入を得ることがありますが、個人が確定申告するときに青色申告特別控除の65万円控除を受けようとされる方がいますが、65万控除は選できず10万円控除のみとなっています。

不動所得で65万円控除を受けるには、事業として行われていることが要件です。
ただし、事業とする判は社会通念上の判や、実質的な判を行います。

税庁HPでは、事業とする判について以下のような例示がされています。

貸間、アパート等については、貸与することのできる立した室がおおむね10室以上であること。
立家屋の貸付けについては、おおむね5棟以上であること。

法上の不動所得とされるものは、①土地や建物などの不動の貸付け、②地上など不動の上に存する利の設定及び貸付け、③船舶や航空機の貸付け、があります。
広告など看板も税法上は不動産所得とされます。

法上の不動所得の計算は、以下のように計算します。
入金額-必要費=不動所得

事業規模でない不動の貸付については、青色特別控除額は10万円です。
つまり、帳簿は複式簿記ではなくても問題ありません。
エクセルなどを使った簡易簿記での記帳でも問題はありません。

_____________________
【編集後記】
今日は会社設立業務で司法書士さんと打合せなど。
司法書士さん週いっぱい夏季休暇に入ります。月設立の件分、今週中に準備の目がつきそうです。

【昨日の1日1新】
春鹿 南都霞酒(うすにごり酒)
四季(日本酒)
富士の夢(ワイン)
_____________________