会社設立時の定款認証


会社設立時には、定款の認証が必要になります。
公証役場で定款認証を行います。

最近会社設立時の形態で多くなってきた合同会社については、定款認証は必要ありません。
定款は会社運営などのルールを定めたものですが、その原始定款が本物なのか問題になることいがあるからです。
株式会社は、出資者と経営者が分離されるシステムをとっていますが、合同会社は出資者と経営者が一緒になるシステムをとっています。
よって、合同会社の場合は会社運営のルールについて、出資者の立場と経営者の立場で争うことは起こる可能性は少ないです。
株式会社の設立では公証役場での報酬が約5万円発生します。
単純に合同会社の方が定款認証の費用がかからないので、会社を合同会社とするのではなく、
会社運営のシステムが株式会社と合同会社では違っていることは知っておく必要があります。
_____________________
【編集後記】
今日は、午前中は研修受講、午後は新規お客様との打ち合わせでした。
【昨日の1日1新】
圏央道 菖蒲パーキングエリア
_____________________