資金繰り

資金繰り

融資の相談は出来るだけ早めに

融資を考えたら早めに、タイムスケジュールを持っていつ何をしなければいけないかをイメージしながら進めましょう。 ゴールからの逆算 いつから営業開始するかしっかり見定めて、設備投資の期間はどれくらいか、 時間に余裕をもって行動できれば柔軟...
資金繰り

簡単に企業診断ツール・経済産業省ローカルベンチマーク

金融庁の金融機関への監督方針が変化しています。 以前は不良債権のチェックや担保を重視する傾向でしたが、今後の融資では事業性評価や成長可能性を見て、金融機関は目利きだけでなく、企業へアドバイスも行いなさいという方針を推し進めています。(事業...
資金繰り

仮決算による中間申告の検討(資金繰り)

前期の法人税の年税額が20万円を超える場合、中間申告が必要になり、税務署からは申告書や納付書が送られてきます。 ほとんどの法人が、前年度実績の半分となる法人税を納める予定申告を行っていますが、前年の実績が良すぎた場合に、今期の予定申告...
資金繰り

支払いであっても経費にすることはできない借入金の元本返済

税金を少なく済ませるには経費を多くし支払って、税金がかかる利益を少なくすることが考えられますが、支払っただけでは経費にならないものもあります。 そのひとつに、借入金の元本返済はお金が出ていきますが経費にはなりません。 毎月の返済額が...
税金

減価償却費はどうのように意識すればよいのか

設備投資について銀行や専門家と話していると、よく減価償却の話題にもなりますが、経営者の立場ではどんなことを意識するべきでしょうか? 投資したお金が、収益と対応して、しっかり利益が...