消費税

消費税

前期はなかった消費税の中間納付

消費税の中間納付について書類が税務署から届いたときに、前期は無かったのに今期はなぜ中間納付が必要なのか思うことがありますが、基準はあります。 前期の年間に納付した消費税額が約60万円を超える場合には、今期に消費税の中間納付が必要になり...
消費税

消費税の納税義務

消費税の納税義務が免除されている事業者を免税事業者と言います。 基準期間における課税売上高が1,000万円以下の場合には、納税の義務が免除されます。 基準期間というのは2年前の事業年度を指します。 時間差があるので注意が必要です。...
消費税

会社員が副業で店舗の賃貸収入を得る場合の消費税

店舗を賃貸する場合に、消費税の課税については注意が必要です。 会社員が副業として建物を店舗として賃貸している場合、確定申告時に事業所得ではなく、不動産所得として申告していたとしても、消費税が課税されます。 所得税上の事業所得で...
消費税

個人事業主が新しく会社を設立して事業を継続した場合(消費税)

個人事業から、新しく法人を設立して事業を継続した場合は、個人で行っていた納税の状況は(課税事業者、免税事業者、簡易課税適用事業者など)法人にした新設会社に引き継がれることはありません。 個人事業で簡易課税制度を選択していて、新しく設立した...
消費税

消費税の総額表示義務

消費税の総額表示義務は、平成15年度の税制改正で、事業者は不特定かつ多数の者を相手にする場合には、あらかじめ表示する価格については、総額表示をしなければいけないと定められていました。 業務用品を取り扱うお店で、看板にも業務用とあげてい...
消費税

事業が法人成りするときの消費税取扱い

個人で事業をやってこられた方が、事業の業績が伸びてきて、正社員も採用して、社会保険も整備して会社を設立したいという相談がありました。 消費税の取扱い(課税事業者か非課税事業者かなど)も気になるところです。 基本的には、個人事業で消費...
消費税

消費税免税事業者の売上急増(免税でも注意すること)

本業ではない事業などについて、子会社を作って経営上別管理する場合があります。 社員も転籍したりして切り離すこともあり、切り離された人についてはモチベーション低下する恐れもあります。(しっかり説明できたとしても) 逆に、新たな気持ちで...
消費税

消費税の捉え方 納税の準備など

納税義務者である事業者の方から、消費税を納税するのが大変だという声をよく聞きます。 税率も8%から10%になるのでさらに大変さは増すと感じるでしょう。 消費税は、一般の消費者が買い物をした際に支払った消費税について、その消費税を預かった...
消費税

消費税の経理処理方法

消費税の処理方法は、①税込経理方式と言って、消費税を課税売上と課税仕入に含めて処理する方法と(10,000万円のも売ったら売上10,800円と処理)、②税抜経理方式と言って消費税を課税売上高と課税仕入高に含めない方法(10,000万円のも売...
税金

免税事業者が固定資産を取得するときに注意しておく点(消費税還付)

免税事業者の方が固定資産の取得や改修をするときに、お客様から消費税の還付についての問い合わせがよくあります。 消費税の免税所業者であれば、消費税の還付を受けられないので、還付の要件である課税事業者になるために届け出を出すことになります。 ...